外壁塗装

外壁塗装は10年を超えたあたりからチェックやメンテンナンスを実施して、
ひび割れからの水の侵入・防水塗装は機能しているのか状態を確認することが大切です。
防水機能を維持することによって、壁からの雨漏りや建物自体の価値を維持することができます。

ですが
どこの業者にお願いしたらいいのか?

業者によって料金もまちまちで、メンテナンスなどをお願いしたいけどコストを抑えたい・・・と考え思いながらもなかなか依頼をする所までたどり着かないお客様もたくさんいらっしゃいます。

当社株式会社エムワンではお客様に必要な事を下記の項目で迅速に対応し、他業者に負けない専門職人の強みで対応致します。

現地調査

まずは下記を隅々まで調査いたします。
調査対象によって時間は前後しますが、1-2時間程度お時間をいただいております。
お客様が気になっているところなどありましたらお伝えください。

外壁現地調査お家の面積や長さを測る お家の面積や長さを測る
おうちの規模などを把握するためにもメジャーやレーザー測定器を使って測定します。
外壁現地調査外壁の状態を確認する 外壁の素材や傷み具合を見る
・触ると手に粉がつくチョーキング現象、ひび割れ
・色あせ、コケの発生具合
お家がお隣さんのすぐ隣に建っていて、隙間がかなり狭い場合でも、
人が入れるくらいの隙間であれば、お家の裏側までしっかり入って計測していきます。
外壁現地調査屋根の状態を屋根に上って確認する 屋根の劣化状況
長さを測ったり劣化状況を確認するために屋根に上ります。
ベランダ周りやベランダ防水の状態を調べたいときも、
基本的に外からはしごを掛けてのぼります。
外壁・屋根の現地調査 現状報告
簡単な処置道具をもって現地調査を行います。
簡単な補強レベルで対応できる場合はその際にお伝えいたします。
その他で本格的な対応が必要な場合はお見積りさせていただきます。
現地調査の報告とお見積り お見積り
状態に問題なく、必要に応じてお渡しする形になります。
外壁塗装に関してはお客様のご要望をお聞きし提案させていただきます。
お値段の予算などもあると思いますので、気軽にご要望をお伝えください。

お問い合わせ

メンテナンス

現時点で出来る簡単な打ち合わせを行った後に作業を始めます。
雨漏りなど、緊急性の高い点検や工事依頼の場合は、すぐにその場で対応できるように処置道具を持っておきます。

ひび割れ

劣化が進むと外壁にひびが入り、雨漏りが起こる場合があります。
幅3ミリ以上のヒビになると外壁の向こう側まで貫通している可能性があります。

雨漏りの原因。壁のひび割れ 外壁のひび割れからの雨漏り
戸建住宅における相談件数の多い事象の第1位が
外壁のひび割れ・雨漏りという結果も出ており、
外壁からの雨漏りは決して珍しい不具合ではありません。
外壁からの雨漏りの原因 シーリング・コーキングのひび割れが原因
その種類によって劣化の進行スピードが異なりますが、
おおよそ7年~10年で外壁材の劣化の症状が出始めます。
コーキングの耐用年数は10年程度と言われており、
外壁材より短いので注意が必要です。
外壁材が耐用年数に近づいている場合は、
目視でも劣化症状がないかチェックしてみられることをおすすめいたします。

お問い合わせ

室内への水の侵入の有り無し

早く気づいて対応することによって部分的な修理で済む事があります。
全体的に直す場合は費用は大きく変わりますので早めにご相談ください。

軽度で防水コーキングのみであれば3万円前後。
全体的な下地からの工事であれば20万を超える場合もあります。
無料でお見積りと調査をいたしますので気軽にお問い合わせください!

ベランダの防水機能低下による雨漏りの原因 ベランダからの雨漏り
ベランダの防水ベランダに限らず、
防水層のひび割れなどがある場合は防水コーキングのみで済むケースがあります。
怪しい時はすぐに対応することをおすすめしております。
ベランダは紫外線や風などの影響を受けやすく、劣化が進みやすい場所の一つです。
防水加工
下地の上に「防水層」表面に「トップコート」を塗ることで構成されています。
出来ればひび割れなどが発生する前、10年に一度を目安にメンテナンスすることをお勧めします。
メンテナンスをすることで費用も安くなります。

お問い合わせ

タイトルとURLをコピーしました